2021年福岡公演『Dr.コルチャックと子どもたち』

※公演延期のお知らせ

【新型コロナウィルス感染症に伴う公演の延期について】
福岡市立博多市民センター ホールにて予定しておりました2021年福岡公演「Dr.コルチャックと子どもたち」ですが新型コロナウイルスの影響拡大の状況を考慮しまして、 十分に検討を行った結果、再延期の判断を致しました。
公演延期後の日程・会場が決定した際は、改めてご案内させていただきます。
公演を楽しみにしていただいた皆様にはご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。 何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


2021年 福岡公演







1942年、ユダヤ人迫害の嵐吹き荒れるポーランドで 200人の子どもたちと自ら運命を共にしたヤヌシュ・コルチャックと子どもたちの物語

第二次世界大戦下、ポーランドに実在した、ヤヌシュ・コルチャックは、
1942年ユダヤ人迫害の嵐吹き荒れるポーランドで、孤児院の200人の子どもたちと自ら運命を共にし、
絶滅収容所行きの貨車に乗り込みました。

1989年国連で採択され、1994年に日本でも批准された「子どもの権利条約」の理念は
コルチャックの著書「子どもの権利の尊重」に基づいています。

戦後75年経った今日においても、地球上では戦争や紛争によって多くの幼い命が奪われています。
コルチャックが大切にしたことは、子どもには人権があり、子どもの自治があり、
子どもは守られ、育つ権利があり、そして生きる権利があるということです。
子どもたちの未来を守るために闘ったヤヌシュ・コルチャックの、生涯と理念について知ることは大切であると、私たちは考えています。

戦後75年の昨年、劇団ひまわりが戦後50年の1995年より上演してきたこの作品を上演する予定でしたが
残念ながら新型コロナウイルス流行の為、今年に延期することとなりました。
栗田芳宏をコルチャック先生役に迎え、初演時に子役として出演した宮野真守が声の出演で物語を進行し、大塚明夫が声の出演で参加致します。


 

 

◆◇ 公演日程 ◇◆

2021年10月29日(金)18:00/00:00
2021年10月30日()12:00/16:00

※開場は開演の30分前です


◆◇チケット◇◆

全席自由 4,500円(税込)

劇団ひまわりチケットセンター:092-752-1077(10:00~18:00)


◆◇ 会場 ◇◆

福岡市立博多市民センター ホール

福岡市博多区山王1-13-10
会場への詳しいアクセスはこちらをご覧ください。(地図はこちら


 

 

◆◇ キャスト ◇◆

井上 あおい
松尾 龍弥
王 一茗
中村 芽維
廣幡 唯
青木 快太
木村 美月
上野 瑛真
中川 妃菜
梶原 萌心
藤野 美琴
井元 紗衣

山本 颯太郎
後根 友妃直
梶原 詩心
深堀 小花
塩原 遥空
有本 修
光安 真愛
彦素 紗季
大塚 羽純
中島 茉音
小串 恭輔
垣内 茜
小高 亜香理
吉岡 拓海
田川 奈菜生
柴﨑 凜々子
濱口 倫
宮本 美月
阿蘇 麻璃亜
宮川 友恵
秋吉 アンナ
鈴木 華
安達 未祐
迎 夏波
池田 陽登
森 菜津美
館林 大斗
黒木 夢愛
髙田 美奈子
島尻 綾
碇 翔兵
林 真之介
伊藤 美沙
井手 健太郎
下川 真世
青木 美沙都
井上 浩作
行實 寿美
吉原 直樹
小川 勝也
大迫 智則
坂口 絵美子
千葉 公徳
進藤 裕行


◆◇ スタッフ ◇◆

台本:栗田 芳宏・大塚 雅史
演出:立石 はるな
音楽:加藤 登紀子

台本協力:ヤツェク・ポピェル
協力:コルチャック資料研究センター
ポーランドコーディネーター:吉野 好子

衣裳:浜井 弘治
振付:藤川 美伊菜
舞台監督:五島 真木子
照明:株式会社九州ハートス
音響:有限会社ミックス
音響操作:谷川 未来
大道具:園田 佳祐・林 真之介
宣伝美術:小泉 俊
総合プロデュース:砂岡 誠
制作:小川 勝也
企画・製作:ブルーシャトル
主催:劇団ひまわり

 









※掲載の写真は2008年、2011年、2012年、2021年 福岡・熊本公演より