劇団ひまわりのあゆみ

劇団ひまわりのあゆみ

  • 1958年

    機関誌”ひまわり”本格的な活字印刷版にて創刊

  • 1959年

    恵比寿の専用稽古場に移転

  • 1959年

    念願の舞台公演活動。児童劇場第1回公演『雪の女王』を上演

  • 1960年

    多数の研究生がマスコミ出演。活躍が注目され始める

  • 1963年

    公演活動の活発化。児童劇場第4回公演『宝船』都内38ステージ巡演
    (都児童演劇祭優秀賞受賞)

  • 1965年

    養成所システムの整備。公演制作部の開設。研究科の新設

  • 1972年

    公演活動強化のため劇団組織を改革

  • 1973年

    演劇界の流れに適応した俳優養成方針を模索
    当時の理念「人間教育」は今も受け継がれている

  • 1977年

    公演制作部の組織強化。文芸演出部の充実を図る

  • 1978年

    組織拡大にともない法人化。株式会社劇団ひまわり設立

  • 1979年

    東京・渋谷区に現本社の社屋竣工・移転

  • 1980年

    プロダクション部門「砂岡事務所」設立

  • 1981年

    創立30周年。映画製作実行委員会発足

  • 1984年

    専用劇場「シアター代官山」オープン
    映画『さらば箱舟』公開 カンヌ映画祭正式出品
    映画『伽倻子のために』公開
    ロカルノ映画祭国際映画批評家賞受賞ほか多くの賞を受賞

  • 1988年

    ミュージカルクラス新設

  • 1992年

    大阪支社・俳優養成所を開設

  • 1994年

    ミュージカル 『スクルージ』初演(1997・1999再演)

  • 1995年

    ミュージカル『スクルージ』月刊ミュージカル誌にて年間ベストワンに選出
    『コルチャック先生』初演(1999・2001・2011再演)

  • 1996年

    『宮沢賢治』上演(宮沢賢治生誕100年を記念し朝日新聞社との共同制作)

  • 1998年

    福岡・名古屋に支社およびアクターズスクール開設
    『Baby Love』日英修好通商条約締結140周年記念行事「英国祭98」にて上演
    2000年に韓国、2001年にイギリスでも公演を行った

  • 1999年

    『少年H』上演
    日本を代表する舞台美術家、妹尾河童の大ベストセラー作品の舞台化
    (脚本:マキノノゾミ、演出:栗山民也、舞台美術:妹尾河童)

  • 2002年

    創立50周年。記念公演として『赤毛のアン』上演
    全日制研修科新設
    プロダクション部門「ブルーシャトル」設立

  • 2003年

    さいたま・神戸・京都・熊本エクステンションスタジオ開設
    札幌支社・俳優養成所開設
    ミュージカル 『家なき子』初演(2006再演)

  • 2004年

    ミュージカル『空色勾玉』上演

  • 2005年

    映画『埋もれ木』公開 カンヌ映画祭正式出品
    ミュージカル『秘密の花園』上演

  • 2006年

    岡山エクステンションスタジオ開設
    ミュージカル『星の王子さま』上演(~2007)

  • 2007年

    静岡・横浜・千葉・北九州エクステンションスタジオ開設

  • 2008年

    旭川・金沢・浜松エクステンションスタジオ開設
    ミュージカル 『銀河鉄道の夜』上演
    「ベガ公演(女性版)」と「アルタイル公演(男性版)」、2つのカンパニーによる競演

  • 2009年

    仙台エクステンションスタジオ開設
    ミュージカル『ロミオとジュリエット』初演
    アンネ・フランク生誕80周年『アンネ』(「アンネの日記」より)を上演

  • 2010年

    全日制声優科新設
    『楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-』上演
    高等部・青年部(公演クラス)にて『カラフル』初演

  • 2011年

    ミュージカル『モモ』上演
    創立60周年。記念公演 第一弾として 『アンネ』を再演
    第二弾 『コルチャック先生と子どもたち』全国上演(全7都市)
    第三弾 『カラフル』上演