養成所について

レッスンで磨かれるのは、「人間力」。
劇団ひまわりが大切にしている理念です。

1952 年の創立以来、数多くの実力派俳優やアーティストを輩出してきました。付属の俳優養成所は、全国有数の育成機関として各方面から高く評価されています。 その確かな実績の裏にあるのは、劇団ひまわりならではのきめ細やかで一貫性ある育成システム、活発な創作活動、そしてメディア活 動におけるマネージメント能力です。ひとりひとりの素質・個性を大切に育み、世界へ羽ばたかせることが重要だと考えています。

  • 演劇から学ぶ、「人間力」の発見

    豊かで平和な社会を形成していくためには、「協力し合う」ことが大切です。「ありがとうの心」は経済の基本であり、より高い「人間力」を持った人びとは、求められる国づくりのために必要不可欠です。 演劇の役割による気づきは、「協力し合う」ことへの理解であり、「人間力」のある人材は、人や社会に大きく貢献していくことが期待されます。

    多彩なレッスンで、
    実力をしっかり磨けます。

    年齢層とスキル別にクラスを編成し、それぞれ運動能力や理解力に合わせたレッスンを行います。年齢・スキルが上がるごとに、より専門性が求められる所属クラスへと進級します。このように、 研究生各自が着実に能力を向上させるための一貫したレッスンシステムをご用意しています。

全国の劇団ひまわりから
お知らせ

加藤創太(大阪)、村上茜音(名古屋)、川口調(大阪)が「ヒガシマル醤油」ラジオCMに出演しています!

加藤創太(大阪)、村上茜音(名古屋)、川口調(大阪)が 「ヒガシマル醤油」ラジオCM 毎日のラブレター編/時報に出演...

2017.05.27 詳細を読む

新福姫七・新福遼(大阪)がABC ラジオドラマ「1970年のタイムカプセル」に出演します!

新福姫七・新福遼(大阪)が ABCラジオ ラジオドラマ「1970年のタイムカプセル」に 子ども時代の幸代役・子ども時代の雅...

2017.05.27 詳細を読む

山本誠大(ブルーシャトル)が「NTT西日本」CMに出演中!

山本誠大(ブルーシャトル)が NTT西日本 企業CM「頼れるセキュリティ」篇に出演中です!      

2017.05.26 詳細を読む

他のお知らせを見る

全国にある俳優養成所・アクターズスクール・エクステンションスタジオを探す

北海道エリア

詳しく見る閉じる

関東・東北エリア

詳しく見る閉じる

東海エリア

詳しく見る閉じる

関西・北陸エリア

詳しく見る閉じる

九州・沖縄エリア

詳しく見る閉じる

先輩に続け!
劇団ひまわりでのデビューまでの道のり

入団

応募後は、1次書類選考の後、2次審査(演技審査・面接)に来ていただきます。 2次審査合格の方には、入所のご案内をお送りいたしますので、お手続きののち、レッスン開始となります。

詳しく見る閉じる

基礎レッスン

入団後の研究生は、年齢やスキルに応じて様々なクラスで演技の基礎を身につけます。

詳しく見る閉じる

選択レッスン
特別レッスン

基礎レッスン修了後は、進級後クラスとして更に専門的なスキルを身につけます。進級後は、マスコミ出演の機会を得ることが出来ます。

詳しく見る閉じる

全日制

週5日のレッスンを1年間集中的に学ぶことでより専門的なスキルを身に付ける専門コースです。※対象は義務教育課程修了以上、40歳未満

詳しく見る閉じる

専属契約

さらに優秀な方は、プロダクション部門の『砂岡事務所』『ブルーシャトル』または俳優部として契約し、さらなる活躍の場が与えられます。

詳しく見る閉じる

自己を大切に考え、
育てていくこと、
その結果世の中の人びとに喜んでもらえること、
これが私が考えるエンターテイナーの資質です

  • 今は昔、スターは普通の人が憧れても容易には成れる仕事ではありませんでした。
    高嶺の花だったんですね。

    しかし、いつしかTVには普通の人がたくさん登場してきています。
    職業に対して自由な価値観、考え方を実践する人が増えてきたのです。

    どんな仕事でも一流のプロになるのは大変なことですから、そうであるならば人に強制されずに好きなことをしよう!と考えるのは自然な発想です。
    第一、 自分の興味がある仕事なら一所懸命になれますものね。

    夢を強く信ずることで願望を実現するという法則もあるそうですが、まあ、それは安楽過ぎるとしても確率は高いのは事実です。
    自分の実現は自ら努力するしかないし、人間にはもともと第六感というものがあります。自分をイメージする方向に成長させるエンジンは、そのインスピレーションなのですから...。

    自己を大切に考え、育てていくこと、その結果世の中の人びとに喜んでもらえること、これが私が考えるエンターテイナーの資質です。

学ぶだけじゃない
人間としての魅力を磨く

  • 西森妃奈(上級部)のお母様

    「人前で歌ったり踊ったりすることが好きそう!」 そんな直感から通い始めた劇団。 しかし、親の期待とは裏腹に初めての舞台発表は何もせず凍りついたかのようにただ立っていることしかできなかったことが今もはっきりと思い出されます。 それから、大きな舞台に何度か立ち経験を積むうちに、ひと言のセリフが言えるようになり、表現力が身に付き・・・。 カメのようなゆっくりな歩みではあるけれど成長を実感する一瞬でもありました。 「大人になるまで続ける!」と断言するほどレッスンを楽しんでいる今、好きなことを思う存分できるように見守っていきたいと思っています。

  • 坂本優美花(SPクラス)

    1. ひまわりのレッスンを受けようと思ったきっかけは
    ―歌やお芝居も好きだった私に、おばあちゃんが劇団ひまわりを教えてくれました。やってみたいと思ったので、オーディションを受けました。

    2. レッスンではどのようなことをしているのですか
    ―火曜日は歌のレッスンがあります。歌うだけでなく、発声や腹式呼吸の練習もしています。私は、寝転がってなら腹式呼吸が出来るけれど、起きるとうまく出来ません。水曜日は演技のレッスンがあり、今は公演の台本を使いながら演技の練習をしています。土曜日はダンスのレッスンをしています。ダンスのレッスンは、ずっと踊りっぱなしなので、疲れるけれどとても楽しいです。

    3. 出演作品について教えてください
    ―2010年の『くるみ割り人形』の作品に出演しました。私は、セリフのないお人形の役でした。でも本番では家族みんなが見に来てくれて、最高の演技が出来たと思います。
    今年の『コルチャック先生と子どもたち』では、絶対にセリフがほしくて、オーディションを受けました。合格することができたので、セリフもしっかり覚えてその役の気持ちをちゃんと考えてみたいです。

    4. ひまわりに入って変わったこと、楽しかったことは?
    ―変わったことは、前より演技がうまくなったことです。楽しかったことは、2010年の合宿です。普段のレッスンもとても楽しいけれど、合宿では、外でご飯を食べたり、パークゴルフをしたりしながら、他のクラスの人と話すことも出来ます。楽しかったので、また行こうと思います。

    5. これからひまわりでやりたいことは?
    ―私が所属しているクラスは、SPクラス(ミュージカル対応選抜クラス)です!本格的なお芝居作りに取り組んでみたらどうか、と声をかけてもらえたのがうれしくて、選抜クラスのオーディションを受けました。オーディションではたくさんの大人が自分を見ていたので、緊張して足ががくがく震えましたが、がんばりました。オーディションに合格できた今は、色々な作品を作って、感情を込めて、演技をしたり歌ってみたいです。

    6.何か一言あればどうぞ
    ―わたしのいるSPクラスは、みんな仲良しです!これからも頑張るので、ひまわりの作品をたくさん見てください!

  • 大槻紘照(青年部)

    1. ひまわりのレッスンを受けようと思ったきっかけは
    ―俳優に小さい頃から興味がありました。たぶん、テレビの人はかっこいい、という憧れのような気持ちだったと思います。そんな風に考えていたときに、親が劇団ひまわりのオーディションを勧めてくれたので、ひまわりの1期生として入団しました。

    2. レッスンではどのようなことをしているのですか
    ―役を表現するために、発声の仕方や、体の使い方といった基本的なことを学んでいます。また、自分自身が戯曲や、役とどう向き合っていくのかを話し合ったりもします。それから、劇を作るためには、戯曲の作者が何を伝えたかったのか、作者の考え方というところまで考えます。そしてレッスンを重ねながら、実際に劇を作っています。

    3. 出演作品について教えてください
    ―僕がレッスンを受けているクラスでは、「天才バカボンのパパなのだ」(別役実)や「転校生」(平田オリザ)の作品を上演しました。「天才~」では、不条理が面白いと感じたし、「転校生」では全体の状況を頭に入れて役を演じることが、難しいと実感しました。作品を作る中で、毎回何か気づくことがあります。

    4. ひまわりに入って変わったこと、よかったことは?
    ―むかし思った「演じる」ことへの興味は今もまだあります。でも、テレビの見方は変わりました。今はテレビに出ている役者の演じ方を参考にしたりしています。
    それから性格が明るくなりました。最初は人見知りだったけれど、人との関わる場面が増えたので、今は誰とでも喋れます。

    5. これからひまわりでやりたいことは?
    ―基本的な能力をしっかりと身につけ、それを活かして、様々な役に挑戦し、たくさん劇を作りたい!中でも、ロングラン公演や大規模公演をするということは、一つの夢です。同じ芝居を何10回もできるような場面があったら、また何か変われることがるんじゃないかと思います。

    6. 何か一言あればどうぞ
    ―ひまわりは、小さい子から大人までいろんな年代がいるけど、全員、仲がいい。ひとりひとりの個性がすごく出ている場所だと思います。