研究生の声

  • 河井 敦志さん(シアタースクール所属)

    ●劇団ひまわりに入ったきっかけを教えて下さい。
    5年前の初春、娘から一本の電話がありました。
    「小夏(当時2歳の孫娘)をひまわりに入団させようと思うの。お父さんも一緒に入団するってことで申し込んでおいたよ」
    青天の霹靂、一体何の話か分からずに聞いていました。しかし私は芝居、舞台等とは全く縁の無かった人生を過ごしてきました。「無理だよね」って家内に相談すると「良いんじゃない。やったこと無いことにチャレンジするのも。老化防止になるかもよ」と無責任な意見が帰ってくる始末。当時は丁度会社勤めという生活から離れた時でも有り、「66歳の手習いだ!!」と思い切って孫と二人で入団することになりました。

    ●実際にレッスンを受けてみて、いかがですか?
    全てが私には初体験!発声や動きだけで無く、選択科目として日舞・音楽・ダンス等多岐にわたるレッスンが有る事に驚きました。

    ●公演やお仕事等のひまわりに関する思い出があれば教えてください。
    昨年7月にひまわりの子供たち7人と共に、冴木杏奈さん主演の舞台『希望の色』に出演の機会を頂きました。50人を超える出演者での稽古。「もっと早く!声を大きく!」等の厳しい指導を受けて大変でした。しかし四日間の公演が終った後の感慨は、素晴らしい思い出です。

    ●将来の夢や、チャレンジしたいことを教えてください。
    出演者テロップに、役名と名前が載る仕事(役)をしてみたいです。
    ひまわりで多くの年代が出る舞台が有れば出演したいです。

  • 熊野 雅清さん(シアタースクール所属)

    ●劇団ひまわりに入ったきっかけを教えて下さい。
    定年を迎え、のんびり過ごしていたときに、新聞でひまわりの募集を知りました。そのとき、今までとは違ったことができたらと思い応募しました。また、知り合いに芸能界で活躍している人がいたので、『自分もできたら良いな。』と思い参加しました。

    ●レッスンではどのようなことをしているのですか?
    毎週、火曜日と木曜日の午前に演技の基礎を、火曜日の午後に歌唱のレッスン、木曜日の午後に日本舞踊のレッスンを受けています。

    ●実際にレッスンを受けてみて、いかがですか?
    演技のレッスンでは、新しい自分の発見があり、どうすれば表現が上手くなるのか考えさせられます。歌のレッスンや踊りのレッスンでも楽しみながら頑張れています。

    ●レッスンを受けて変わったところ、よかったことがあれば教えてください。
    まだまだですが「できるだけ物事を積極的に取り組もう。」と意識するようになりました。

    ●先生に教えてもらったことで大切にしていることや、実践していることがあれば教えて下さい。
    「舞台は言葉のキャッチボールだから、よく相手のセリフを聞き、動きを見て、会話が普通に成り立っているようにしましょう。」ということを大切にしています。

    ●公演やお仕事等のひまわりに関する思い出があれば教えてください。
    今までの生活では経験できなかったことができ、撮影のために色々な地方や場所に行けることが今は新鮮で楽しみです。

    ●将来の夢や、チャレンジしたいことを教えて下さい。
    たくさんの舞台や作品に参加したいと思います。

  • 青木 柚さん(高等部所属)

    ●劇団ひまわりに入ったきっかけを教えて下さい。
    小さい頃から、ドラマや映画、音楽が好きだったので、そういう職業に興味を持っていました。
    小学生の時に、ある子役の俳優さんがドラマに出ていて『子供でもああいうことが出来るんだ。自分にも出来るかな?』と思ったことが入ったきっかけです。

    ●先生に教えてもらったことで大切にしていることや、実践していることがあれば教えて下さい。
    挨拶や芝居など、すべてのことにおいて目を見て話すことです。

    ●公演やお仕事等のひまわりに関する思い出があれば教えてください。
    小学校上級生の頃に、ひまわりの発表会で初めて主役をやらせていただいたことです。経験が浅かったので、刺激的で学ぶことが沢山ありました。

    ●将来の夢や、チャレンジしたいことを教えて下さい。
    将来は、映画やドラマなどの映像系を中心に、やらせて頂ける全てを全力でやって、小さい頃の僕みたいに誰かに憧れられる存在になりたいです。

  • 石川 月さん(高等部所属)

    ●劇団ひまわりに入ったきっかけを教えて下さい。
    中学生の時に演劇部に所属しており、もっと演技を磨きたいと思っていた時に叔母に劇団ひまわりに入らないかと誘われ、劇団ひまわりに入団する事を決心しました。

    ●実際にレッスンを受けてみて、いかがですか。
    初めは戸惑うことや心配な事が沢山ありましたが、先輩の方々がとても優しく接してくれたので楽しくレッスンを受ける事ができました。

    ●先生に教えてもらったことで大切にしていることや、実践していることがあれば教えて下さい。
    演技は1人でするのは演技ではなく、相手と言葉のキャッチボールをするから演技になるという事を大切にしています。
    その為に視線を意識して演技をするように心掛けています。

    ●将来の夢や、チャレンジしたいことを教えて下さい。
    夢は沢山の方々を感動させるような演技が出来る俳優になる事です。

  • 吉田 舞妃さん(児童部所属)と保護者様


    ●劇団ひまわりに入ったきっかけを教えて下さい。
    保護者様:
    姉が先に入所していました。
    赤ちゃんの頃から音楽をかけると、踊っているのか、身体をたくさん動かしたり、歌っているのか、声を出したりしていました。1歳近くなると、テレビでアイドルが歌ったり踊ったりしているのを真似ていました。
    1人で楽しんでいて、協調性に欠けていたので、姉の復団に合わせて入所させて頂きました。

    ●実際にレッスンを受けてみて、いかがですか?
    保護者様:
    ひまわりに入所していなかったら他では習い事として候補にはあがらなかっただろうなと思う様々なレッスンが受けられて新しい発見ができた事、興味がなかったものに対して興味を持てた事がとても良かったです。

    ●レッスンのどんなところが好きですか?
    ご本人:
    色んなレッスンが受けられて楽しいところです。

    ●レッスンを受けて変わったところ、よかったことがあれば教えてください。
    保護者様:
    協調性が少し欠けている娘でしたが、一つのものを皆で作り上げる事、まわりと呼吸を合わせる事を学んでくれたかなと思います。

    ●嬉しかったことや感動したことがあれば教えてください。
    保護者様:
    発表会やダンスフェスティバルで、舞台で披露できた事、お仕事を通じて、たくさんの方々とお会いできた事、普通の日常では経験できないことをさせて頂いていることが嬉しく、感謝しています。

    ●劇団ひまわりで1番の思い出を教えてください。
    保護者様:
    入所して初めての幼稚部発表会です。
    発表会まで残り2ヶ月ない頃に入所しましたが、ダンス・日舞で参加させて頂き、しっかりやってくれていました。

    ●お子様には将来どのような人になってほしいと思われますか?
    保護者様:
    将来困らないように、何らかの資格は取ってもらいたいです。そして、人の気持ちがわかる優しい人になってもらいたいです。

    ●将来の夢や、チャレンジしたいことを教えて下さい。
    ご本人:
    大きくなったら、助産師さんになりたいです。
    テレビのお仕事をもっとたくさんやりたいです。