最新ニュース ストーリー 公演スケジュール キャスト
私も観ました! サン=テグジュペリについて
インタビューコーナー

Vol.4 キツネ/酔っ払い役 鈴村近雄さんにインタビュー

キャストインタビュー第4弾は、キツネ役と酒浸りの男役を日替わりで演じている鈴村近雄さんです。
砂岡事務所に所属し、主な舞台出演作品には劇団ひまわり作品の『スクルージ〜クリスマスキャロル〜』『コルチャック先生』『少年H』、他に『歓喜の歌』(Punplanning Presents)など多数。主役を務めた児童演劇作品『Baby Love』では、イギリス・韓国などの海外公演でも絶賛された実力派で、横山さんや演出家の中島さんと同じ“Act Lab.”のメンバーでもあります。
今年は市村正親さん主演のシェイクスピア劇『ヴェニスの商人』へ出演が決定しています。
劇団の俳優養成所でも多くのレッスンを担当し、講師としての顔も持つ鈴村は、「星の王子さま」の稽古場でもキャストたちに良い刺激を与えています。

キーワードを語るキツネを演じるにあたっていかがですか?

鈴村 「昨夏に劇団のサマーパフォーマンスで「おにんげん」って本を書いて、それもテーマが心の目だった。そして先日仕事で子供向け番組の人形の声の仕事もテーマが「心でイメージすることが大切」だったの。そして透さんにキツネの話を頂いたときも心がテーマだったから…」

心の目で見る1年だったわけだ!!

鈴村 「いや神さまがこいつは全然心で見てないからいい加減にしろって言ってるのかなぁって。」

違いますよ!逆ですよ!!

鈴村 「いや違う。“心の目で見なければいけない”って事は、誰しもがもちろんわかってるはずなのに、忘れてしまう。だから神様が忘れないようにって言ってくれてるんだと思う。」

そうか。キツネ楽しそうですね?活き活きしてる!!

鈴村 「役者は舞台に立ったら楽しまなきゃ!!苦しむのは家でしなきゃ!!」

そうですよね。次の質問。お互いのキツネを見て。どうですか?理子のきつねは?

鈴村 「可愛い(笑)…可愛いし、歌うまいし。はぁぁぁ」

何でためいきつくんですか?

鈴村 「俺には出来ないよ。僕にはあんなかわいさ出せません。」

いやチカさんキツネも可愛いですよ!酔っ払いとどう違いますか?

鈴村 「えーっと。何がちがうかなぁ。難しいこと聞くね!
…彼は酒を飲んでいることを恥じていて、それを忘れる為にまた飲んで。そんな自分が恥ずかしくって飲んで。すごく弱い…。いや本当に弱いのかなぁ。どうなんだろうなぁ。もしその星に王子が尋ねてきたときに、王子に“一緒に飲もう”って言うのかなぁ?それともこんな恥ずかしい自分を見てほしくないからどっか行けっていうのか。
キツネの場合、最初の印象は自我が目覚めた少年だったのね。ちっちゃい子って、知らないひとに会うと、お母さんの陰に隠れて挨拶できないじゃない?でもいやじゃないじゃない?そういう感覚かな…その会ってる人にものすごい興味はあるじゃない?興味はあるんだけどぉ…怖い…みたいなイメージが凄くあるかな?」

やっていてここは理子に負けないぞとかありますか?

鈴村 「そういうのはない。むしろ理子がやっておもしろいことをどう自分で使うかって考えている。」


理子とディスカッションしているときのチカさんは凄く楽しそうですもんね!
… では原作を読んでみてなんですが、チカさんが初めて読んだのはいつ?

鈴村 「初めて読んだのはいくつか分からないくらい小さいときかな。そのときは自分で読んだんじゃなくって読み聞かせてもらった。」

印象に残っています?

鈴村 「絵が印象に残っている。話自体はもう覚えてなくて、舞台をみてから“こんな話だったっけ?”みたいに思って今回また読んで今度は“こんな話なんだ!!”って。」

原作をよんで1番すきなシーンは?

鈴村 「キツネって決まってから読んだから、好きなのはやはりキツネのシーンかな。」

酔っ払いは文庫版で半ページしかないですけど、僕は強烈にイメージが残っているんです。あの絵切ないですよね。

鈴村 「そうだね。哀愁があるというか・・。切ないというか・・・。でも、あれが彼の生き方だからね。彼から酒を取り上げたら死んじゃうかもしれないからね。」

面白い視点ですね。

鈴村 「インパクトが大事だよね。酔っ払いは歌が短いから、歌だけで見せるのも難しい。舞台から出て、すぐに引っ込むところまでの間に表現しなくちゃいけないじゃない?寂しいだけでやっちゃうとなぁー・・・。寂しいだけじゃないと思うのあの人は。
僕もお酒が好きで気が付いたら、近雄=酒、みたいになってたんだよ。周りの友達とかに“え!!飲んでないの??嘘!?”とか言われて、そういうのがあって気が付いたら逸脱するのが怖くなってた。」

ははは【笑】体の一部ですか?


鈴村 「まぁそんな風に、今の現代人は絶対どこか周りが創る自分のイメージに縛られてる所はあると思うよ。」

最後にお客様にメッセージ!!

鈴村 「だまされたと思ってだまされて下さい!!やっている僕はすごく面白いです!ですから見に来て下さい!!キツネがすごく王子さまと飛行士をつなぐ大事な役なので頑張ります。ダメだったら馬鹿にして下さい(笑)」

今日はどうもありがとうございました

[ バックナンバー ]
 Vol.1 飛行士役 横山 敬さん
 Vol.2 王子さま役 北浦実千枝さん
 Vol.3 王子さま役 新井海人さん
 Vol.5 トゲのある花/ヘビ役のみなさん 座談会
 Vol.6 ワタリドリ役のみなさん アンケート
 Vol.7 キツネ役 松村理子さん
 Vol.8 ギャラリー役のみなさん アンケート
 Vol.9 毛虫・バオバブ役のみなさん アンケート
 Vol.10 小さな花/少年飛行士役のみなさん アンケート
 Vol.11 5000本のバラ役のみなさん アンケート
 Vol.12 こだま役のみなさん アンケート
 Vol.13 惑星の大人たち役のみなさん アンケート


<聞き手>斉藤 崇 
劇団ひまわり所属。ドラマ「H2」、映画「スケバン刑事」、ミュージカル「君に捧げる歌」などに出演。先ごろ立ち上げた演劇ユニット「Yellow Label」のメンバーでもある。『星の王子さま』では王様役で出演する傍ら、演出助手としても活躍。

» インデックス  » 最新ニュース   » 公演スケジュール  » ストーリー  » キャスト   » もっと教えて
» 私も観ました   » サン・テグジュペリについて   » チケットご購入  » 劇団ひまわりTOPへ


2006 劇団ひまわり