最新ニュース ストーリー 公演スケジュール キャスト
私も観ました! サン=テグジュペリについて
インタビューコーナー

Vol.11 「5000本のバラ」のみなさんにアンケート!

トゲのある花は自分の星に残してきた1本だけ、と思っていた王子さま。
地球で5000本ものバラに出会って困惑してしまいますが…。
今回は、「どの花見ても、きれいだな~♪」とばかりに美しい5000本のバラを演じるみなさんにアンケートをお願いしました。


1.王子さまに「ありふれたバラ」と言われてしまったことに反論して下さい


中島天音
じゃあ『自分』もありふれた人間ぢゃん?

日下萌美
バラ1本、1本にも個性があるし、魅力があると思います。全てのバラに変わりはありません。

坂本絵里奈
一生懸命生きている私たちに対して、そんなこと言わないでほしいですわ!

塚田仁美
そりゃー王子さまにとったら「ありふれたバラ」かもしれないけど、私は「ありふれたバラ」でも自分が一番になれればいいんです。いつか王子さまみたいに自分を1番だと思ってくれる人に出会える事を信じているのです!?

石塚みづき
バラはバラでも、それぞれ違うバラ。個性があるカラ生きていけるものだと思う。

松村理子
自分は、ちゃんと、美しいバラを演じているのに・・・。(笑)

中川理彩
心で見ようネ~♪(笑)

岡田朋美
王子さまにとって「ありふれたバラ」でも、他の誰か❤にとっては特別なの!
何事もないように振舞っているけど、心は傷ついているんだから・・・。♪子どもにゃ理解できんはず・・・と思って、バラとしてのプライドを持ちながら、凛として生きています。
指先の先まで、バラの花びらの気持ちでいるんですから!ちゃんと見てね!

髙崎里菜
あんまりそこらへんは気にしてませんね。
5000本のバラである時は、そうゆう単語は基本的に耳に入ってこないんです❤

児玉萌々
どっちもなついてないからしかたない

ナジメ・ナザリオ
王子さまに「ありふれたバラ」と言われてもなんとも思わない。」だってきずなを結んでないもの。

野本ほたる
一輪一輪個性があるんだぞ!

土田尚美
私たちだってちゃんと一輪の花よ。

齊藤奈彩
私はほかのバラよりおしゃれで美しいのよ。ありふれてないわ。

加茂遥南
みんな一人一人個性があって生きているんだ。王子さまがなつかせてくれれば分かるでしょう。

木﨑由子
5000本の中の一本のバラでも輝きは違います。それぞれに一生懸命咲いているバラです。

日髙沙耶花
全体的に見たら「ありふれたバラ」かもしれないけれど、よーく見たら、一つ一つのバラの雰囲気や、踊り方、微笑み方が全て違うっ!!ちゃんと見て欲しいわ・・・まったく(笑)

渡邊ひかる
とくに気にしない。


2.自分を花にたとえるとしたら? その理由。

中島
タンポポ?
ぢょうぶだから!!

日下
ひまわり。
明るくて笑った顔が素敵だと思う。

坂本
ハイビスカス 
かわいくて色がきれいで、自分に似ているから❤

塚田
「ヒマワリ」
太陽に向かって一直線なように、あたしも夢という太陽に向かって一直線だからデス☆

石塚
「つくし」
踏まれても踏まれても頑張って最後までやりとおせる人になりたいから。

松村
ひまわりでぇす❤
理由は・・・理由は・・・。夏が好きだしぃ。元気だからかな?

中川
ヒマワリかなぁ~!
明るくてお日様が大好き!だから・・・☆

岡田
う~ん・・・。大ぶりな花ではないですね。勿忘草やミニバラが好きです。
ひっそりと、でも、きちんと花を咲かせているからかなぁ・・・。

髙崎
おじいちゃんに聞いたところ、「ある程度勢いのある花」と言われました。よくわかりません。
でも名前の由来は菜の花です。

児玉
ばら

ナジメ
「シクラメン」
お日様の光を浴びると美しく咲き、優美だから。
街がキラキラと輝くシーズンに似合う花になりたいと思います。

野本
チューリップ❤
元気よさそう!

土田
「ひまわり」
尚美も夏が好きだから。

齊藤
「チューリップ」
春の方が冬よりいっぱい動くから。

加茂
うすピンクのチューリップです。
ピンクは可愛らしい色で、チューリップはたてに咲いていて特徴的だからです。

木﨑
「スイトピー」
理由は、小さくて芯がしっかりしているから。

日髙
バラじゃないけど・・・自分を花に例えるなら桜の花ですかね?(笑)
あたたかい季節に咲いて、咲いたと思ったらあっという間に散る・・・みたいな・・・・。へへへ。

渡邊
バラ


3.原作を読んでみて

中島
感動した。

日下
とても難しいと思いました。
大人になっても、このミュージカルをやってみたいと思います。そうするとこの原作の意味が理解できるような気がします。
(ギャラリーと同回答)

坂本
一番最初にウワバミ(大蛇)がでてきたのがビックリでした。
王子さまがいつでてくるのかドキ②しました。
(ワタリドリと同回答)

塚田
心から泣けました。
本当に「大切なものは目に見えない」なって実感しました。
(ワタリドリと同回答)

石塚
感動した。大事な事を教えてもらった気がする。

松村
2回目にバラと会うとき、スルーされているみたいでかなしいです(泣)
一番最後のシーンがすごく好きです!!泣けますっ!!

中川
「一番大切なものは目に見えない」何事も見ためで決めないことを教えてもらいました!
(ギャラリーと同回答)

岡田
子どもの頃はイラストが可愛いという印象しかありませんでした。オーディション直前に電車の中で読んで号泣…。トゲのある花が王子さまに対して素直になれない気持ちに共感したり、哲学者みたいなキツネの言葉にうなずいたり、その時により、心にしみる箇所が違うのが不思議な作品です。
(ワタリドリと同回答)

髙崎
読んだ時というより、
読んだあと、生活の中で
その大切さをかんじます。電車の中で疲れた人々の顔を見たときは特に…。
(ワタリドリと同回答)

児玉
バオバブは普通の木だと思ってたけど、抜かないと破裂してしまうことを初めて知った。
(バオバブ・ギャラリーと同回答)

ナジメ
ずいぶん個性的な本だと思いました。私は誰と「絆を結べるかな」と考えました。
(毛虫と同回答)

野本
キツネに感動しました。
(バオバブと同回答)

土田
はじめに読んだ時は、よく分からない所があったけど、二回目三回目と読んだら少しずつ分かるようになりました。
大好きなお話でおもしろいです。
(バオバブと同回答)

齊藤
最後、王子がトゲのある花のために星へ帰っていく。というのが感動しました。
(バオバブと同回答)

加茂
最近絆を結ぶこととか、色々人間は忘れてしまっているけれど、これを読んだらまた気付かせてくれました。
(バオバブと同回答)

木﨑
綺麗な心を持った王子さまに色々な人たちが、動物が出会い、不思議な感動や、別れをしました。
いつまでも素直な心でいたいと思いました。
(バオバブと同回答)

日髙
すっごく王子さまの星に行ってみたくなりました。(笑)
私はキツネのシーンが一番好きです!あとは、一つひとつの絵がとても個性的だなぁ~と思いました。
「星の王子さま」の本は、自分の気持ちや、年齢などが違うたびにいろんな解釈が出来る本だと思うので
大人になっても読み続けたいと思います。
(ワタリドリと同回答)

渡邊
ひかるはこの本が大好きです。


4.お客様にメッセージを

中島
観に来てくれてありがとうございました!

日下
真っ赤なきれいなバラとして、心をこめて踊りました。“バラのようにみえたでしょうか?”

坂本
私たちはとても綺麗ですョ❤だから、私たちの美しさに感動してほしいです!!

塚田
トゲのある花も魅力的ですが、私たちは5000本もあります。だから5000倍も魅力的な私たちを観にいらしてください。

石塚
バラとして、すてきに見せるのでみなさん見てください。

松村
5000本のたった一本でも・・・。がんばります!!

中川
輝き❤ながらおどる?!ので注目してください。

岡田
優しくやわらかくて美しい、でも芯はしっかりしたバラを演じたいです。一人一人違うバラですから、皆さん楽しく見てくださいね!

髙崎
4×5000のトゲにご注意❤

ナジメ
可愛いバラを観ていただきありがとうございます。

野本
きれいな歌です。

土田
私たちの素敵なバラをみてください。

齊藤
ありふれてなんかいないバラたちを見てください。

加茂
可愛い衣裳と踊りなのでよ~く見ていてネ!☆

木﨑
私は綺麗でしたか?

日髙
一番大切な事を教えてくれるお話です。舞台と原作合わせてみてほしいです♪♪よろしくお願いします☆

渡邊
星の王子さまを見てくれてありがとうございます。

<順不同>

[ バックナンバー ]
 Vol.1 飛行士役 横山 敬さん
 Vol.2 王子さま役 北浦実千枝さん
 Vol.3 王子さま役 新井海人さん
 Vol.4 キツネ/酔っ払い役 鈴村近雄さん
 Vol.5 トゲのある花/ヘビ役のみなさん 座談会
 Vol.6 ワタリドリ役のみなさん アンケート
 Vol.7 キツネ役 松村理子さん
 Vol.8 ギャラリー役のみなさん アンケート
 Vol.9 毛虫・バオバブ役のみなさん アンケート
 Vol.10 小さな花/少年飛行士役のみなさん アンケート
 Vol.12 こだま役のみなさん アンケート
 Vol.13 惑星の大人たち役のみなさん アンケート


» インデックス  » 最新ニュース   » 公演スケジュール  » ストーリー  » キャスト   » もっと教えて
» 私も観ました   » サン・テグジュペリについて   » チケットご購入  » 劇団ひまわりTOPへ


2006 劇団ひまわり