最新ニュース ストーリー 公演スケジュール キャスト
私も観ました! サン=テグジュペリについて
インタビューコーナー

Vol.1 飛行士役 横山 敬さんにインタビュー

「ウエストサイドストーリー」「ザ・ボーイ・フロム・オズ」「ビューティフルゲーム」「テネシーワルツ〜江利チエミ物語」など、ニュージカルに数多く出演されている横山さん。
『星の王子さま』という物語全体の進行役であり、原作者サン=テグジュペリ自身がモチーフになっているともいわれる飛行士をどんな思いで演じられるのかなど、お聞きしました。

『星の王子さま』ではひまわりの研究生たちとも久しぶりの共演になりますが、 今回のご出演に際してのお気持ちは?

横山 「毎回そうですけど、舞台上での経験、演じる役、それはどれひとつとっても無駄ではないということをいつも心に置いて舞台に立つようにしています。そして今回こうして『星の王子さま』の飛行士を演じられる機会を与えていただいたことを非常に感謝しています。久々に子どもたちと一緒にやれるのが今から楽しみですね。子どもにはいつも驚かされるというか、学ばせてもらうところも多いですから。
そう、それで…やはり演じるにあたって原作を何年かぶりに読み返したのですが、どうも以前に読んだときと全然印象が違うんですね。」

と、いいますと?

横山 「原作は昔から親しんでいました。子供のころは、挿絵を見ることが中心で(笑)。でも18か9の時にちゃんと読んだら、衝撃をうけたんです。“大切なことは目に見えない”っていうのが理解できて、初めて涙を流しながら読んだんですよ。
だけどその後“これはいい本だ、すごくわかる、わかる”という状態でそれ以上、本から何も学ばないまま大人になってしまった…。それが日々の暮らしを積み重ねる中で出会い、別れを繰り返していくうちに“大切なことは目に見えない”といことを肌で感じられる年齢になってきた。それで今、読んだ印象が変わったのだと思います。

物語の世界をよりリアルに感じることが出来たと。

横山 「俳優は、舞台に込められた思いをお客様と共有できれば最高の仕事をしたことになります。例えば、演じる俳優“横山 敬”はこの物語のシナリオ全てを知っていて、結末もわかっていますが、舞台上での“飛行士”は、これから起きる物語を知らない。その飛行士の発見や体験、感じた思いをお客様とリアルタイムで共有できるよう、毎回リフレッシュしながら演じていきたいですね。」

本当にそうですね。では、原作がミュージカルの舞台になることで、何か違いを感じられましたか?

横山 「基本的にはそれほど変わらないと思いますよ。今回の脚本は、河野万里子さんの日本語訳本に忠実にそって進んでいます。原作は飛行士の目を通して王子さまを描く文と、作者自身の描いた挿絵がミックスされてひとつの世界観を構成していますが、舞台ではそれら全てを生身の人間が演じるわけですから、そこを役者がどう表現するか、難しいチャレンジですね…。
ただ、忠実にそっているといっても、本は出版されたものを読者がそれぞれ自分の価値観を通して読み感じるものですが、舞台は演じる側も一体になって、舞台上で起こる体験・発見のひとつひとつを共有する世界、という違いはあるでしょうか。
それと、舞台は3次元の立体空間なので、その空間が世界観を表現しやすくすると思います。今回は非常に濃密な立体空間で構成していくので、その分ホンモノを出していかないとごまかしが効かないですが…。」

共演される2人の王子さまについての印象はいかがですか?

横山 「自分のブログにも書いたんですが、演出家と飛行士役のことを話してて…モチーフのサン=テグジュペリのことなんですが、なんというかある意味“子どもの感性”を持ち続けた大人じゃないですか。でも、それってもしかしたら本当はみんなが持っているんだと思いながらまず自分なりにね、役をつくっていっていざ稽古で2人の王子さまを相手にしたら、用意したものが全部吹っ飛んだ…、演技って相手とコミュニケーションをとることによって全然変わってくるんだなって思いました。
2人ともいいところがすごくあるし、一緒に砂漠を旅する“王子さま”がそこにいる、って信じられる。海人は居るだけでもう王子さまだし(笑)。ミッチー(北浦実千枝)と芝居していると、なんというか“天使”を感じる。実際は可愛い女の子だけど、芝居の中では男も女も超越しているっていうのかなあ、演じながらそういうところを2人には感じています。」

天使、ですか?

横山 「僕は30を超えた大人だけど、それが2人の無垢な存在と触れ合ったときに今までの自分の知識や過去の経験でごまかすなんてできない、と強く感じられたんです。それを教えてくれたのが『星の王子さま』かなって。
そう言葉にするとややっこしくなるけど、例えば子どもってよく周りに“なんで?どうして?”って聞くでしょ?聞かれたほうは困っちゃうんですよ…、“そういうものなの!そう昔から教えられてるの!”としか教えてあげられない(笑)。
それを“そうだねー、僕もわからないから、一緒に考えて体験してみようか!”ってことが出来る年齢になってきて、それでそう感じたのかもしれないですね」

なるほど、そういうことですね。

横山 「王子さま2人と稽古していて“あ、もう彼らがちゃんと連れて行ってくれるんだな”と素直に思えました。実際は9歳の男の子と22歳の女性なんですがそういうのを抜きに、この世界観にぴったりの2人なんだなと思いました。これもアリ、あれもアリ、って、いろいろと教えられます。」

それでは可愛くて仕方ないって感じになりませんか?

横山 「それはもう!可愛くて仕方ないですよ!だから、別れが辛い…!!稽古で何度も別れのシーンを演じるでしょ?あれはつらい(泣)。本番まで涙はとっておこうと思うんだけどね。」

毎回こらえているんですか(笑)?

横山 「いや、やっぱり泣いてる(笑)!かなり!
別れっていうのはそうなんだ、って素敵な王子さまたちに教えられることがたくさんですよ。本当は大人のこちらが教えなければいけないのに、逆に教えられてしまう。そんな王子さまを手放したくないのに、別れのときがくるんだもの…ね?わかる?」

稽古を見ていてよくわかります。では、最後に観に来てくださる方々へメッセージをお願いします。

横山 「舞台をつくる役者・スタッフとお客様がうまくコミュニケーションとれたかどうかって、実はお客様のほうが良くご存知だし、詳しいんですよね。ですから僕は逆にお客様からメッセージをひとつでもいただいて共有することが出来れば幸いだと思っています…というのが、僕からのメッセージですね。」

今日は素敵なお話をありがとうございました。


[ バックナンバー ]
 Vol.2 王子さま役 北浦実千枝さん
 Vol.3 王子さま役 新井海人さん
 Vol.4 キツネ/酔っ払い役 鈴村近雄さん
 Vol.5 トゲのある花/ヘビ役のみなさん 座談会
 Vol.6 ワタリドリ役のみなさん アンケート
 Vol.7 キツネ役 松村理子さん
 Vol.8 ギャラリー役のみなさん アンケート
 Vol.9 毛虫・バオバブ役のみなさん アンケート
 Vol.10 小さな花/少年飛行士役のみなさん アンケート
 Vol.11 5000本のバラ役のみなさん アンケート
 Vol.12 こだま役のみなさん アンケート
 Vol.13 惑星の大人たち役のみなさん アンケート


<聞き手>斉藤 崇 
劇団ひまわり所属。ドラマ「H2」、映画「スケバン刑事」、ミュージカル「君に捧げる歌」などに出演。先ごろ立ち上げた演劇ユニット「Yellow Label」のメンバーでもある。『星の王子さま』では王様役で出演する傍ら、演出助手としても活躍。

» インデックス  » 最新ニュース   » 公演スケジュール  » ストーリー  » キャスト   » もっと教えて
» 私も観ました   » サン・テグジュペリについて   » チケットご購入  » 劇団ひまわりTOPへ


2006 劇団ひまわり